心斎橋・なんばの鍛造結婚指輪

【神戸・三ノ宮】丈夫で安心して長く身に着けられる結婚指輪。鍛造の良さとは

結婚指輪をお探しの皆さん、何に重点をおきますか?
デザインや価格の方も居れば、長く毎日着ける事を考え耐久性にこだわる方も多いのではないでしょうか。そこで、指輪の製造方法のお話をさせて頂きます。指輪の作り方は2種類あります。それぞれの特徴をご紹介致します。

鋳造製造とは

まず、鋳造は溶かした金属を型に流し固めて造る製法です。型を用意して作るので、ウェーブなどの繊細なカタチのリングもつくることができます。ですが、金属を流し込んでそのまま固めているために、柔らかく、気泡が発生したり素材にムラがでてしまうことがあり、キズが入りやすかったり、変形の恐れもあります。

鋳造作りの長所

・複雑なデザインを作ることが可能。
・ウェーブ感があるリングを作ることが可能。
・硬い金属そのものを加工する必要がないため、繊細な造形が可能。
・デザインの自由度が高い。
・型を作れば同じものを幾つでも製作できる。

鋳造作りの短所

・高温で溶かした金属を型に流し込む際に気泡が混入してしまう。
・金属の密度にムラが発生して「ス」(金属内部の穴)ができてしまう。
・柔らかく、耐久性があまりない。 (細いリングだと特にすぐまがってしまう)
神戸結婚指輪

鍛造製法とは

鍛造は名前の通り金属を鍛えてつくります。
金属の塊をたたいたり、圧縮したりと何度も圧力をかけながら作るので金属を安定させることができます。
鍛造作りの中にも2つの製造方法があります。

鍛造作りの長所

・鍛造することで密度が高くて強い指輪になる。
・鋳造製法に比べて変形にも比較的強く、金属表面の硬度も高い。
・鍛造製法のほうが手にしたときの質感(重量感、しっかり感)が高い。
・鍛造製法の方が表面硬度が高いため磨いた際の輝きも強くなります。
・金属の密度が高いため、金属の表面が滑らかになり着け心地も良い。

鍛造造りの短所

・曲線や複雑なデザインを作るのが難しい。
・デザインは真っ直ぐなシルエットのリングに限定されがちです。
・伝統的な鍛造の場合は大量生産が難しい。
・職人の技量や経験が問われます。
シンプルな結婚指輪和歌山
丈夫で長く着けられる、鍛造製法の結婚指輪は一生ものにふさわしい指輪ですね!

関連記事

  1. 神戸三ノ宮婚約指輪結婚指輪

    【神戸・三宮】サイズや好みのデザインが分からなくても大丈夫!【銀の指輪プラン】でプロポーズしよう!

  2. マシェリ婚約指輪

    【大阪府・高槻市】5倍の強度を誇るプラチナ?TLP(タイムレスプラチナ)を使用した婚約指輪ブランド「マシェリ」のご紹介

  3. マリアージュエント 婚約指輪 大阪 心斎橋

    【滋賀草津市】ダイヤモンドの最高峰のブランド「アイデアルダイヤモンド」の結婚指輪・婚約指輪の魅力とは

  4. アンティックのイメージ

    アンティークデザインが可愛い結婚指輪・婚約指輪16選

  5. 【京都市】オシャレさん必見!希少性の高い「ピンクダイヤモンド」が入った人気ブランド

  6. SNSで大人気YUKAHOJO

    【大阪・岸和田市】gardenフェスタで大人気結婚指輪ブランドYUKA HOJOがPOP UP!11/12(土)11/13(日)

  7. 神戸三ノ宮婚約指輪IDEALダイヤモンド

    【神戸・三ノ宮】プロポーズに贈るにふさわしい最高の輝きIDEALダイヤモンドを

  8. 輝彩

    【神戸三ノ宮】花鳥風月をテーマにした和風ジュエリーブランド !輝彩 KISAIをご存知ですか?

  9. 【南大阪・岸和田市】クリスマスにサプライズプロポーズをするために必要な準備はこれ!