【静岡】憧れの1.0ct婚約指輪を見てみたい!大きなダイヤモンドを取り扱っているお店は?

婚約指輪のメインとなるダイヤモンド。センターに大きなダイヤモンドが輝く婚約指輪は、憧れる人も多いのではないでしょうか。大きなダイヤモンドの代名詞と言える1カラットのダイヤモンドについて、魅力や相場、取扱店をお伝えします。

1カラットのダイヤモンド

婚約指輪を選ぶ際に初めてダイヤモンドを検討する人も多いようです。特に1カラットのダイヤモンドは希少で、なかなか目にする機会もありません。そのため、具体的なイメージがしづらいのではないでしょうか。

カラットとは重量の単位

カラット(ct)は宝石の重さの単位で、1.0ct=0.200gと定義されています。日本の平均的な0.2カラットの重さは0.04gですので、重さにかなり違いがあることがわかります。また、1カラットのダイヤモンドは、直径6.5㎜です。0.2カラットのダイヤモンドは直径3.7㎜、0.3カラットは4㎜ですので、見た目の違いもかなりあります。例えば、50円玉の穴の直径が4㎜、5円玉の穴の直径が5㎜です。その大きさを踏まえて直径6.5㎜と考えると、実物大でどのくらいの大きさなのかイメージしやすくなります。

1カラットダイヤモンドの魅力

多くの人にとって、憧れであると同時に少し遠い存在でもある1カラットのダイヤモンドですが、婚約指輪に選んだ場合にイメージしやすいように、その魅力をご紹介します。

華やかで特別感のある輝き

1カラットのダイヤモンドを目にした瞬間にはっきりとわかるのが華やかな輝き。婚約指輪という一生に一度の指輪にふさわしく、指輪の価値をさらに高めてくれる存在感があります。身に着けて目にするたびに、婚約したという実感を強く感じさせてくれます。

年齢を重ねても似合う

手や指は、年齢を重ねるにつれてしわが増え、節が目立つようになります。似合う色や洋服が少しずつ変化するように、年月を重ねた手には存在感のある大きなダイヤモンドがしっくりと似合うようになってきます。1カラットのダイヤモンドを着け始めたときは少し華やかに感じられるかもしれませんが、長年身に着けるうちに手に心地よく馴染んでいきます。

受け継がれる価値

ダイヤモンドは鉱物の中でも硬度が高く、傷がつきにくい宝石です。のちのち婚約指輪を子供や孫に譲りたいという場合にも、ダイヤモンドの婚約指輪は最適です。1カラットのダイヤモンドともなると資産として購入することもできるため、長く受け継いでいくことを見込んで上質なものを選ぶ人もいます。ダイヤモンドは年月が経っても変質することはないため、大きなダイヤモンドの婚約指輪は世代を超えて長く身に着けていくことができます。

1カラットダイヤモンドについてQ&A

Q,婚約指輪に1カラットを選んでいる人はどのくらい?

A,1カラットのダイヤモンドを使った婚約指輪は、30歳前後の女性に選ばれている傾向にあります。0.7カラット以上を選んだ年代の割合を見てみると、24歳以下が6.6%、25〜29歳が9.6%、30〜34歳が7.7%、35歳以上が5.4%となっています。大きめのダイヤモンドの婚約指輪は、主に20代後半から30代半ばの女性に選ばれていることがわかります。一般的に経済力が備わり始める年代のカップルや、大きめのダイヤモンドは大人の女性の指に似合うことから選ばれていると考えられています。

Q,1カラットのダイヤモンドの注意点は?

A,1カラットのダイヤモンドの婚約指輪はどうしても高さが出てしまいがちなので、日常的な動作で引っ掛かりやすくなることがあります。大きなダイヤモンドのついた婚約指輪はなるべく特別なシーンやお出かけの時を選んで身に着けるか、石座の高さを抑えたデザインにするといいでしょう。

Q,1カラットのダイヤモンドの選び方は?

A,予算内でより大きなダイヤモンドを選ぶには、4Cを生かした2C(カラット/カット)+2C(カラー/クラリティ)をいう考え方が有用です。まず、見た目で分かりやすいカラットとカットに重点をおき、一定以上の品質であれば見た目に違いはないカラーやクラリティのグレードを決めていく、という選び方です。この2C+2Cを取り入れ、ダイヤモンドの品質基準の要素に優先順位をつけることで、同じ予算内でより大きく美しい輝きを持つダイヤモンド選ぶことができます。

1カラットダイヤモンドの平均価格は?

ダイヤモンドの価格は、4Cの品質評価基準によって決定します。そのためダイヤモンドの価格は個体それぞれによって大きく差がありますが、カラット数が大きくなるほど希少性も高くなり、価格も上がります。婚約指輪に使われる高品質なダイヤモンドでは、1カラットの相場は100万~200万と考えられます。

ラボグロウンダイヤモンドという選択

ラボグロウンダイヤモンドとは、ラボ(研究所)で育てられたダイヤモンドで、天然ダイヤモンドと同じ炭素を原料としているだけでなく、結晶構造や硬度も天然ダイヤモンドと完全に同じように作られています。アメリカを中心に人気に火がつき、今では世界各国のジュエリーブランドやハイファッションブランドが注目している次世代のダイヤモンドです。

ラボグロウンダイヤモンドのメリット

1,サスティナブル

研究所で生まれるラボグロウンダイヤモンドには、採掘の行程が必要ありません。特に鉱山での採掘作業には倫理的な問題や、自然破壊や大気汚染など環境に与える影響が大きいと言われています。その点、採掘作業が不要にラボグロウンダイヤモンドはよりサスティナブルなダイヤモンドです。

2,リーズナブル

天然のダイヤモンドを比べて価格がリーズナブルである分、同じ予算でより品質がよく、大きなダイヤモンドを選ぶができます。製造技術の向上によって、天然ダイヤモンドの1/2〜1/4程度で入手できるようになりました。特に、1カラットを超えるサイズは天然ダイヤモンドとの価格差が大きくなっています。

3,品質の一貫性

ラボグロウンダイヤモンドは、作られる過程で厳密に制御された環境下で成長するため、品質の一貫性があります。天然ダイヤモンドは、地下深くで長い時間をかけて成長するため、内包物や欠陥が生じることがあります。一方、ラボグロウンダイヤモンドはこれらの問題がほとんどないため、美しい透明度と均一な品質を持つことが期待できますので、信頼性があります。

人の手で作られるラボグロウンダイヤモンドは、安定した品質のものを低価格で購入できるうえ、エシカルであるとして注目されています。一方、長い年月をかけて自然に育まれた天然ダイヤモンドに、歴史とロマンを感じている人も少なくないでしょう。ダイヤモンド選びの基準は人それぞれですが、長く身に着けるものだからこそ、納得のいく選び方をしたいですね。

1カラットダイヤモンド取扱店

FIRST DIAMOND静岡彫金工房

ラボグロウンダイヤモンドの取り扱いがあるFIRST DIAMOND静岡彫金工房では、1カラットダイヤモンドの婚約指輪を見ることができます。県内初のラボグロウンダイヤモンドの専門店として、新しい宝石店のワークショップ型のジュエリーショップです。

▽FIRST DIAMOND静岡彫金工房公式ホームページ

関連記事

  1. 【浜松市】存在感のある結婚指輪を着けたい!女性にも太めのデザインが選ばれる理由とは

  2. 姫路真珠ネックレス

    【静岡市】真珠は定期的なメンテナンスが大切?3年に1度お手入れが必要な理由

  3. 【浜松市】2021年中にプロポーズしたい!専門店が選ぶ婚約指輪人気ランキング

  4. 【静岡市】「オーダーメイド」と「セミオーダーメイド」結婚指輪はどちらで作る?

  5. ジュエリーリフォームgarden神戸三ノ宮

    【静岡市】指輪がネックレスに変わる?今話題のジュエリーリフォームとは

  6. 多彩なゴールドの婚約指輪

    【静岡市】ゴールドの婚約指輪は派手?悩む人におすすめのカラーゴールドとは?

  7. 【浜松市】祖母から貰った婚約指輪。リフォームしてネックレスに生まれ変わりました!

  8. 【静岡市】安いカラーストーンは危険?失敗しない選び方

  9. 【静岡市】ハワイアンジュエリーにもエタニティリングがあるの?みんなと違う婚約指輪に一目惚れ