【静岡婚約指輪特集】こだわりはダイヤモンドにあり!最高のプロポーズを

皆さんは、婚約指輪をどのように選ぶのかをご存知でしょうか?これからプロポーズを考えている方は、婚約指輪選びに関して不安を抱えているはず。しかし、今回ご紹介するポイントを参考にすれば、婚約指輪選びがスムーズになり、プロポーズで彼女に喜んでもらえるでしょう。では、婚約指輪選びのコツを解説していきます。

婚約指輪選びのキホン

一般的な婚約指輪の選び方はセミオーダーという方法です。これは、好きなデザインと好きなダイヤモンドをそれぞれ選び、彼女の左手の薬指のサイズに合わせていちから製作をする方法です。注文から完成まで、約1ヶ月半~2ヶ月かかります。彼女に合うものを自分で選びたい方におすすめです。彼女にも一生懸命選んだことも含めて感動してもらえるでしょう。また、予算に合わせて選べるということも魅力です。

婚約指輪の主役は〇〇

「婚約指輪選び=デザイン選び」というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、実は婚約指輪で一番大切なのはダイヤモンドなのです。なぜならダイヤモンドは、永遠に輝き続けるため、永遠の愛を誓うのに相応しいアイテムとされているからです。また、世界一硬い鉱物であるダイヤモンドに、男性の結婚に対する“固い決意”を表すとされ、婚約指輪を通じて彼女の両親にも、自身の覚悟と真剣な気持ちを伝えることができます。

ダイヤモンド選びのポイント

では、喜んでもらえるダイヤモンドを選ぶにはどのようにしたら良いのだろうか…と考えますよね。一般的にダイヤモンドを選ぶときには、「4C」という評価基準を参考にしながら比較をしていきます。では詳しく解説します。

【 4Cとは 】
・カラット(ct) :重さ
・カラー :色
・クラリティ :内包物やキズの度合い
・カット :カットの対称性など

カラットの選び方

カラットは重さの単位ですが、婚約指輪にセッティングされるダイヤモンドの形は、ほとんどがラウンドブリリアントカットのため、重くなるにつれて表面積が大きくなるイメージです。よって、カラットを比較する時には大きさの違いで見ていきます。実は、ダイヤモンドの大きさによって婚約指輪の印象は大きく異なり、誰が見ても違いが分かるものです。約3割の方が、ラージストーンと呼ばれる0.4~0.5ctのダイヤモンドを選び、7割の方は0.2~0.3ctのダイヤモンドを選んでいます。

【 カラットによる印象の違い 】

こちらの写真は、左が0.25ctで右が0.4ctのダイヤモンドをセッティングした婚約指輪です。大きさの違いは一目瞭然ですよね。もちろん小ぶりのダイヤモンドは、流通が多いことからデザイン展開も豊富で、幅広いテイストから比較ができることが魅力です。一方、ラージストーンの場合はダイヤモンドの大きさを引き立てるために、シンプルなデザインがほとんど。大きいほど見た目のインパクトがあるので、彼女を驚かせたい、特別なものを贈りたい、という方は0.4ct、0.5ctなどの大きさでこだわることをおすすめします。

カラーの選び方

ダイヤモンドは通常薄く黄色味を帯びており、一番白いDカラーを基準に、Zまでの23段階のグレードで示されています。白く美しいものを贈りたいと考えている方は、もちろん無色とされているD~Fで選ぶ方が良いです。ただ、G、Hカラーでも美しいダイヤモンドは豊富にあります。そのため、ダイヤモンドをそのものを比較してみると良いでしょう。

【 デザインによる選び方のポイント 】

もし、小さなダイヤモンドが豊富にあしらわれた華やかなデザインを選ぶ場合は、D~Fから選ぶことをおすすめします。なぜなら、小さなダイヤモンドも白く美しいものを使っているデザインが多いため、黄色味のあるものだと目立ってしまう可能性があるからです。専門スタッフと相談をしながら比べてみてくださいね。

クラリティの選び方

クラリティは、内包物やキズの大きさ、位置などを示すグレードです。ダイヤモンドは光の反射によって輝きを放つため、反射の邪魔をしない場所にあるかどうかも重要。しかし、クラリティのグレードに関しては、10倍のルーペで確認をした時の判定なので、肉眼ではほとんど分かりません。透明度に影響することから、なかには違いが分かる方もいます。グレードが一段階異なるだけで、価格が大幅に変わるため、ダイヤモンドそのものの美しさと、価格を比較してみましょう。

カットの選び方

カットグレードはダイヤモンドの輝きを大きく左右します。対称性に優れたカットが施されているダイヤモンドは、正確な角度で光の反射が起こり、強く美しい輝きを放ちます。話をしたように、婚約指輪の主役はダイヤモンドであり、男性の想いの強さを表現するため、存在感があるかどうかはとても重要です。

【 カットを選ぶポイント 】

もちろん、全てのグレードを最上級に出来るのは素晴らしいことですが、その分価格も跳ね上がります。多くの方は予算に合わせて4Cを調整しながら選んでいます。もし、0.2~0.3ctのダイヤモンドを考えている場合は、存在感が出るように最上級のカットを選ぶことをおすすめします。0.4~0.5ctのラージストーンを考えている場合は、既に大きさによって華やかさを演出できるため、ガットグレードを抑えても気になりません。ひとつひとつの輝きの美しさを比較しながら選んでみましょう!

ダイヤモンドを選ぶうえで大切なこと

ダイヤモンドを選ぶ際に、「全体的に丁度いいもので選ぼう」と考えている方もいるかもしれません。しかし、なんとなくな選び方では想いが伝わりづらいのです。どれかひとつでも最上級の物にこだわった!という選び方の方が、自信を持って彼女に贈ることができます。もしかしたら、彼女から「どうやって選んでくれたの?」という質問があるかもしれません。そんなとき「ここに魅力を感じて選んだ」など、堂々と話ができると、一生懸命選んでくれたんだ、と喜んでもらえるはずです。

「4C」は希少性の評価

今回解説をした4Cの選び方は、あくまでも比較をするときの目安。ダイヤモンドの原石はひとつひとつが異なります。そのため、同じグレードでも煌めき方には個性があるのです。彼女に贈るひとつを選ぶときには、「これが一番綺麗!」と感じたものを選ぶことをおすすめします。そうすることで、さらに想いが込められた素敵なプロポーズになるでしょう。

新たなダイヤモンドの選び方

最近は、4Cではなくダイヤモンドの「輝きの評価」を重視して選ぶ方法が注目されています。なぜなら、ダイヤモンドはあらゆる宝石の中で輝きを楽しむ唯一の宝石だからです。よって、輝きが美しくなければいけないのです。ただ、ここで言う“輝き”はカット技術ではなく、原石での基準。前述で話をした通り、ダイヤモンドの原石はひとつひとつが異なります。そのため、4Cが最高グレードでも、美しく輝くとは限りません。綺麗で高品質な原石であれば、4Cグレードにかかわらず美しい輝きを放つダイヤモンドとなります。

輝きの評価とは?

輝きの評価は、「サリネライト」で測定されているものです。サリネライトは、輝きを最先端のテクノロジーで科学的に測定、評価するシステム。ダイヤモンドの鑑定機材などを手掛ける世界最大の企業である、サリネ・テクノロジー社が手掛けており、サリネライトによって、4つの輝きの要素を測定できます。この4つ要素は、ダイヤモンドの輝きに必要なものであり、評価する基準になります。

【 4つの要素 】
・ Brilliance ブリリアンス/強く白い輝き
・ Sparkle スパークル/煌めき
・ Fire ファイア/虹色の輝き
・ Light Symmetry ライトシンメトリー/輝きの対称性

輝きの最高峰

ひとつのダイヤモンドから4つの輝きの要素を測定し、要素ごとのグレードが分かります。すべての要素が最高評価を得たダイヤモンドは、「Ultimate★★★:アルティメットスリースター」という称号が与えられます。つまり、究極の輝きであることを証明されたダイヤモンドになるのです。ダイヤモンドは永遠に輝き続ける宝石です。プロポーズで特別な婚約指輪を贈りたい、彼女に喜んでほしいという方は、輝きにこだわったダイヤモンドを選んでみてはいかがでしょうか。

婚約指輪に関する Q&A

Q:婚約指輪はサプライズで選ぶべきですか?
A:サプライズでなくても喜んでもらえると思いますが、多くの女性はサプライズプロポーズに憧れています。彼が知らないところで、自分のために一生懸命選んでくれたという背景も含めて嬉しい気持ちになります。そのため、彼女にこだわりがない場合は、自身で選んで贈ることをおすすめします。

Q:彼女にこだわりがある場合はどうするべきですか?
A:彼女様にこだわりがある場合は、プロポーズ専用リングがおすすめです。プロポーズ専用リングは、仮のリング。初めにセンターに留めるダイヤモンドを男性が選び、専用リングへセッティングしてからプロポーズをします。その後、彼女と一緒にジュエリーショップへ行き、正式な婚約指輪デザインを彼女に選んでもらうことができる方法です。サプライズプロポーズができるうえに、彼女にはお気に入りのデザインを生涯身に着けてもらえます。

Q:婚約指輪をすぐに持ち帰ることはできますか?
A:可能です。既に仕上がっている婚約指輪を取り揃えているジュエリーショップもあるため、好みのものがあれば即日持ち帰ることが可能です。しかし、他の誰かが試着をしている場合があるのが懸念点です。1ヶ月半~2ヶ月ほどかけて製作をするセミオーダーという方法であれば、初めて指に通すのは彼女になるので、できる限りセミオーダーで用意をすることをおすすめします。

最高のプロポーズをしよう

プロポーズは人生の一大イベント。彼女もきっと期待していることでしょう。今回ご紹介したように、プロポーズで贈る婚約指輪はダイヤモンドが必要不可欠。彼女への真っ直ぐな想いを込めて贈ることができるよう、納得のいくダイヤモンドを選んでくださいね。プロポーズをしようと思い立った方は、まずは婚約指輪選びから始めましょう!

プロポーズ相談室がおすすめ

TIARAティアラ最新

静岡市の呉服町にある、ブライダルリング専門店TIARA(ティアラ)では、プロポーズ相談室を設けています。婚約指輪の選び方やプロポーズのタイミング、プロポーズ演出など、多くのプロポーズをサポートしてきた実績から様々なアドバイスをもらえます。女性目線でのアドバイスによって、自信を持ってプロポーズに臨める方が多いんだとか。ぜひ一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

▽プロポーズ相談室はこちらから

 

関連記事

  1. 浜松市結婚指輪素材

    【静岡市】結婚指輪の素材に迷ったらオリジナルゴールドはいかがでしょうか?

  2. 【浜松市】話題の“プロポーズダイヤモンド”のメリットデメリットを比較!

  3. 【浜松市】30代女性に最適な婚約指輪って?選び方のコツ教えます

  4. 【沼津】デザインだけで特別感!婚約指輪にこだわるおすすめの京都ブランド

  5. 【静岡市】ハワイアンジュエリーにもエタニティリングがあるの?みんなと違う婚約指輪に一目惚れ

  6. 【浜松市】結婚指輪の選び方において重要視したいポイント5つ

  7. 【浜松市】結婚指輪探し。女性用に石無しデザインってどう思う?

  8. 【静岡市】結婚指輪の人気素材を一挙公開!あなたならどれを選ぶ?

  9. 【静岡市】婚約ネックレスを贈る男性多数!今どきの婚約記念品事情を調査