黒蝶真珠は奥が深い!

【静岡市】黒蝶真珠の正しい選び方とは?失敗しないポイントをご紹介

日本人女性のたしなみである真珠ネックレスは、生涯必要となるジュエリーです。冠婚葬祭どのようなシーンでも身に着けることができますが、40代・50代になると仏事が増え真珠の出番も増えていきますよね。そのタイミングで、白いあこや真珠から黒蝶真珠に買い替える方も多いです。ただ、どのように選んだら良いのかわからないという悩みの声をよく耳にします。そこで今回は、黒蝶真珠の失敗しない選び方についてご紹介します。

黒蝶真珠とは

黒蝶貝から生み出される真珠を「黒蝶真珠(クロチョウシンジュ)」といいます。染料や加工を施しているのではなく、天然の貝からとれる本真珠であり、黒い色以外にも引き込まれるような緑系、輝きの強いグレー系、赤系の色が入った茶系の真珠まで、黒蝶貝の持つさまざまな色素が混ざり合い、神秘的で個性豊かな真珠が生み出されるのが魅力です。

選び方のポイント

黒蝶真珠は色や形、大きさのバリエーションが幅広く、選び方も一様には言い切れません。しかし、選ぶ際に注目していただきたいのが【品質】【大きさ】【色】の3つのポイントです。この中で、何を重視したいのかをイメージしておくと、比較がしやすくなります。

品質

品質は、テリ・キズ・形を指します。真珠層が厚くテリの強い真珠は、周りの方から見ても品質の良さが分かります。真珠は自然界で作られるものなので、どうしてもキズがついてしまいます。それも個性として捉えていただくと良いのですが、こだわりたい場合は、キズの少ないものや身に着けた時に目立たない位置にある真珠を選ぶと良いでしょう。また、真円の真珠は価値が高く、一生モノとして身に着けることができます。

大きさ

身に着ける人の身長や体格によって似合う大きさが異なりますが、あこや真珠と比べて大きな珠であることが特徴です。黒蝶真珠の場合、一般的には9~11㎜が主流で、大きいものだと18㎜の黒蝶真珠も存在します。試着の時に、全身とのバランスを見ながら比較するのがおすすめです。

黒蝶真珠と一口に言っても色合いは様々ですが、意外にも黒の色素はもち合わせていません。赤・青・黄系の色素が混ざり合い、黒系、緑系、グレー系、赤系等の真珠が仕上がります。仏事を中心に身に着ける場合は、黒系・グリーン系の色合いが選ばれ、パーティーやお祝いの席なども身に着ける場合は、グレー系などのライトな色合いが選ばれています。身に着ける場面に応じて、色を選ぶと良いでしょう。

よくある質問Q&A

Q.黒蝶真珠は結婚式などのお祝いの席でも身に着けて良いのでしょうか?
A.見た目が黒色であることから、慶事ではマナー違反なのではと心配されることも多い黒蝶真珠。しかし、黒蝶真珠は慶事にも適したジュエリーであり、身に着けるのはタブーではありません。 特にグリーンなどの干渉色が入ったものは、華やかな印象となりパーティー向きのジュエリーと言えるでしょう。

Q.黒蝶真珠は何歳くらいから検討すれば良いでしょうか?
A.黒蝶真珠アクセサリーを着用する年齢に決まりはありませんが、20代などの若い世代よりも40代以降の人に好まれます。 黒蝶真珠を着用すると、エレガントな雰囲気を演出できるためです。 そのため、20代の人が喪服などの黒い服装に黒蝶真珠アクセサリーを着用すると、年齢以上に落ち着いたイメージを与えやすいと言えます。

Q.高品質の真珠を選びたいです。黒蝶真珠の色はどれが高品質なのでしょうか?
A.黒蝶真珠は貝殻内部の色(黄・赤・緑などの色素)が影響して多様な色が生まれます。中でも「ピーコックグリーン」と呼ばれる孔雀の羽のようにピンクやグリーンがかみ合った色合いが、希少かつ最も美しい色と言われています。

Q.黒蝶真珠は変色しますか?
A.黒蝶真珠はあこや真珠と同様に、炭酸カルシウムとタンパク質の結晶が何千という層を作りできています。 そのため汗や化粧品など、真珠層を阻害する要因を与えると変色してしまいます。 また何もしていなくても、保管場所を選ばずに長い年月にわたって放置しておくと退色のリスクが高まります。着用後は必ず汗や水分を専用のクロスで拭き取り、使用しない間は桐箱の中で保管するようにしましょう。

Q.黒真珠と黒蝶真珠の違いは何ですか?
A.黒真珠と呼ばれるものの中には、あこや真珠や淡水真珠を染色して黒くしているものも含まれています。そのため、黒い色味が強く感じるものが多いです。一方、黒蝶真珠は黒真珠の中のひとつであるものの、染色している真珠よりも珠が大きいものが多く、グリーンや赤味を帯びた深みのある色合いを持つことに特徴があります。

自分に似合う黒蝶真珠を見つけよう

今回ご紹介したように、黒蝶真珠にも様々な種類が存在します。まずは試着をしながら紹介したポイントに注目して比較をしてみましょう。専門店では、さまざまな品質・価格帯の黒蝶真珠を取り扱っているため、一度見に行ってみてはいかがでしょうか。静岡市にあるLUCIR-Kでは、プロのスタッフが選別した真珠を多く取扱っています。きっと、自分に似合う黒蝶真珠の選び方を細かくアドバイスしてもらえますよ。

▽静岡市で黒真珠を見るならここ

関連記事

  1. 【浜松市】結婚指輪はフルオーダーメイドがおすすめ!アレンジオーダーメイドとの違いを解説!

  2. 【静岡市】結婚指輪を決めるのに「値段が安い」からはもう古い?

  3. 【静岡市】安い婚約指輪を見つけるには?意外と知らない婚約指輪の選び方

  4. 【静岡市】プロポーズのタイミングっていつがベストなの?

  5. 神戸市三ノ宮真珠ネックレス

    【静岡市】安い真珠ネックレスはやっぱり訳あり?理由を徹底調査!

  6. 【静岡市】どうせならかっこいいデザインの結婚指輪にしたい!おすすめ3選

  7. 【静岡市】決め手は製法でした。注目したい鋳造と鍛造の違いとは?

  8. 【静岡市】色石ルース探しで悪戦苦闘!見つけたのは意外な地元宝石店

  9. 【静岡市】そのプロポーズ方法で大丈夫?がっかりした女性の体験談