ダイヤモンドを送る意味や起源を解説

【浜松市】婚約指輪にダイヤモンドを贈る理由。それは本来の意味合いからだった!

婚約指輪には、数ある宝石のなかでも特にダイヤモンドが多く使われていますがなぜなんでしょうか?今回はダイヤモンドが選ばれる3つの理由をご紹介いたします。

①ダイヤモンドの石言葉「純粋無垢」「永遠の愛」「誠実、正直」

ダイヤモンド

ダイヤモンドは、地下深くで炭素にとてつもない高温・高圧が加わることでつくられます。

ダイヤモンドのまったく曇りのない透明感は『純粋無垢』を、どんな石よりも硬く傷つきにくいことから『永遠の愛』を、いつまでも綺麗に輝くダイヤモンドには『誠実、正直』という意味が込められています。

▼ダイヤモンドの4Cとは

②ダイヤモンドは最強のパワーストーン

ダイヤモンド

1475年頃ダイヤモンドをダイヤモンドで磨くという方法が発明されダイヤモンドはその美しさを広く認知されました。

ダイヤモンドは天然石の中でもっとも硬く、モース硬度では唯一の「硬度10」に分類されています。その圧倒的な硬さからダイヤモンドは「何者にも征服されない無敵の石」と捉えられ、ダイヤモンドには魔除けやお守りとしての効果もあるとされています。

▼婚約指輪人気BEST3 シンプル編はこちら

③ダイヤモンドの硬さに変わらない想いを込めて

ダイヤモンド

ダイヤモンドは最も硬い鉱物だとされていますが、衝撃に対しては弱く、ハンマーなどで叩くと割れてしまいます。

ダイヤモンドは、「征服されざるもの、何より強いもの」という意味を持つ古代ギリシャ語のadamasが語源です。そして地球上の物質で一番硬く、ダイヤモンドはダイヤモンドの粉でしか磨くことができません。この硬さや丈夫さが「誰にも壊されることのない愛」「幸せを誓う決意」という意味を婚約指輪に込められると、結婚を申し込む男性に選ばれるようになったと言われています。

▼いまどきのサプライズ方法とは?

夫婦生活が60年を迎える夫婦の結婚記念日を「ダイヤモンド婚式」と呼びます。60年間寄り添ってくれたダイヤモンドを見て「この人と結婚して良かった」と思える未来をイメージしてダイヤモンドを選びましょう。ダイヤモンドの婚約指輪といっても様々なデザインがありますが、長年愛用し続けられるお二人にあった婚約指輪を選んでください。

▼浜松市でダイヤモンドを探すなら

関連記事

  1. 【静岡市】サプライズで婚約指輪を貰った彼にお返しをすべき?相場を知りたい!

  2. 【静岡市】大満足!私たちがジュエリーリフォームした理由

  3. 【静岡市】婚約指輪と重ね着けしたい!相性の良い結婚指輪の形とは

  4. 【浜松市】サプライズプロポーズ男子必見!知っておきたい3つのポイント

  5. 【静岡市】同棲カップルはどのタイミングで婚約指輪を買えばいい?

  6. 【南大阪・和歌山】安くて可愛い婚約指輪が選べる♡人気のSHOPご紹介

  7. 南大阪で宝石の修理

    【南大阪・泉州】知っておくべき!宝石(ジュエリー)修理のお話

  8. yoko浜野プロポーズスポット特集のアイキャッチ

    横浜のプロポーズスポット5選

  9. 神戸三ノ宮結婚指輪

    【福井市】結婚指輪で指を綺麗に見せたい方におススメ!華奢見えするデザイン3つの法則とは?