低価格が魅力のK10 実際に結婚指輪としてあり?

【浜松市】K10は結婚指輪に相応しい?メリットとデメリットを徹底調査してみた

ゴールドの結婚指輪を探す際に「K18」や「K10」という表記を目にすることがありますよね。この数字の違いは一体なんなのでしょうか。

K18とK10は純度の違い

浜松市結婚指輪

金には様々な色味があります。

この違いは、金の含有量によって異なります。金の純度は24分率で表し、100%金でできている場合は「K24」と表示されます。そのため、
K18=18/24 75%が金
K10=10/24 42%が金
ということになります。残りは割り金と呼ばれ、シルバーや銅・パラジウムなどが配合されています。その割合により様々なゴールド色が出来上がっているのです。一般的に結婚指輪としてはより金の純度が高いK18を使用されることが多く、K10は結婚指輪として相応しいのか疑問に思う方もいるかもしれません。

▽高まるゴールド人気の理由とは

K10のメリットとは

浜松市結婚指輪

魅力的なポイントとは

K10は強度があり変形しにくいというメリットがあります。また金の含有量を減らしているため、華やかなゴールド色を実現しながらも価格面が抑えられていることも大きなメリットと言えるでしょう。実際に、結婚指輪を予算重視で探しているカップルに選ばれることが多いようです。

▽結婚指輪に個性を出すならゴールドが最適

K10のデメリットとは

浜松市結婚指輪

K10の結婚指輪、何かいけないの?

K10はK18に比べ強度があり変形しにくいとされていますが、硬さがある分衝撃にはあまり強くなく傷が付きやすいようです。また、酸にも弱くこまめにお手入れをしないと変色してしまう可能性が高い素材でもあります。もしかしたら、生涯身に着けることとなる結婚指輪としてはマイナスに感じてしまう方もいるかもしれません。

▽先輩夫婦に聞く「結婚指輪選び、ここに失敗した…」

 

K10は結婚指輪に相応しい?

結婚指輪として選ばれるゴールド素材は、耐久性もあることからK18が一般的です。しかし、できるだけ価格を抑えたい方や、記念日などの節目でこまめに買い替えていきたいと考える方にはK10はぴったりの素材と言えるでしょう。今回お伝えしたメリット・デメリットを参考に、お二人の納得のいく素材選びをしてみてくださいね。

▽多くの素材の結婚指輪を検討するなら

関連記事

  1. 【豊橋市】プロポーズに婚約指輪って必要?用意した人としなかった人の違いとは

  2. 【静岡市】婚約指輪は価格を抑えたい!低予算でもプロポーズできる?

  3. 多彩なゴールドの婚約指輪

    【静岡市】ゴールドの婚約指輪は派手?悩む人におすすめのカラーゴールドとは?

  4. 【静岡】2022年版!おすすめのプロポーズスポット特集

  5. 【静岡市】プロポーズはどこでした?静岡市の人気スポット大公開!

  6. 【浜松市】結婚指輪、意外と知らないプラチナとゴールドの基礎知識③

  7. 【静岡市】カジュアルな婚約指輪は女性に不評?今どき女子が選ぶデザインの実態

  8. 【浜松市】結婚指輪に強度って必要?永く身に着けるなら鍛造製法がおすすめ

  9. 【静岡市】婚約指輪に誕生石を留められる?9月誕生石サファイアの婚約指輪